O脚と膝下O脚の違いについて

O脚とは両足の内くるぶしをくっつけて直立した際に、膝上、膝下、またはその両方に隙間が出来てしまう状態を言い、ひどくなると膝や腰の痛み、冷え性、下半身太りなど健康面への影響も出てきます。

 

日本人の実に90%の人が該当すると言われています。本当に骨が変形している場合を除き、ほとんどの人は立ち方、座り方などの生活習慣が原因となっています。横座り、ぺしゃんこ座り、足を組む、猫背などの癖が骨盤の開き、関節のゆがみを引き起こし足が曲がってしまうのです。つまりほとんどの場合は生活習慣を改善したり、病院での矯正を受けるなどの方法で治療していく事が可能なのです。一方膝下O脚との違いは、普通のO脚が足の付け根からくるぶしまで全体的にアーチ型になっている状態を呼ぶのに対し、膝下O脚とは膝から上はさほど隙間が開いていないのに、膝から下が大きく横に開いていて、すねが曲がって見える状態を言います。こちらも本当に骨が曲がっている場合は少なく、膝や足首の関節がねじれてふくらはぎが外側を向いた状態です。膝下O脚の場合は関節のねじれがより複雑なので、普通のO脚に比べると治りにくい傾向にありますが、股関節、膝、くるぶしとそれぞれ時間をかけて矯正していく事で、まっすぐに治していくことは決して不可能ではありません。

 

 

いずれの場合も、まずは日常生活で座り方や歩き方など歪みやすい癖を意識して正していくことは必要不可欠でしょう。hadaare01_l

コメントは受け付けていません。